過払い金とは?

過払い金の情報って、法律用語がたくさん出てきて読んでいるうちにわからなくなりますよね。

今回は過払い金についてわかりやすく説明します。

過払い金とは?

過払い金とは借りたお金に対して、払い過ぎた利息のこと。
その払い過ぎた利息を消費者金融に請求すれば、過払い金として返還してくれるということです。

昔は刑事罰にならないグレーゾーン金利を使ってキャッシング、カードローン会社が利用者からお金を取っていました。

しかし2006年、最高裁の判決で適法な利息は18%まで(1社あたりの元本が10万円以上100万円未満の場合)と法律が改正されます。

この法改正で消費者金融、キャッシング会社との最後の取引から10年以内であれば18%の金利で利息を計算し直し請求できることになりました。

つまり、過払い金とは過去の金利29.2%(会社により変わります)で払った利息の合計から18%で再計算した利息の差額になります。

しかも、この過払い金は本来払わなくてもよかったお金。

あなたのお金で、あなたの元になきゃいけなかったお金。

これを消費者金融、キャッシング会社に預けていることになっています。
言い方を変えると消費者金融、キャッシング会社にお金を貸していたのと同じ。

なので返してもらう時に、当然利息をつけて返してもらうことができます。

ただし、全額+利息を返還してもらうには一筋縄にはいかず、裁判まで持ち込むことがほとんど、多くの人は満額ではない7割程度の額で和解するケースが多いです。

グレーゾーン金利とは?

会社、借入した年により、設定金利が変わります。

消費者金融やキャッシング会社が貸付の際に利息制限法という法律により、金利の上限は15%〜20%を守らなければなりません。

しかし、この利息制限法は民事法の中の一つなので、これに従わなくても刑事罰がありません。

そしてもう一つ、「出資の受け入れ、預かり金及び金利等の取締りに関する法律」略して「出資法」という法律があり、貸金業法が改正されるまでは金利の上限は29.2%と定められていました。

これは刑事罰があって、「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金」が定められていました。

つまり利息制限法と出資法の狭間で違反しているが罰せられない金利がグレーゾーン金利の正体になります。

なぜ過払い金を請求できるようになったのか?

消費者金融やキャッシング会社は、利息制限法の上限を超えたグレーゾーン金利を受け取る法律上の権利がありません。

民事上違法なのにも関わらず、なぜグレーゾーン金利がまかり通っていたのか?

その理由は「みなし弁済」という制度にあります。

みなし弁済とは法定利息を超えた分の利息は借り手側が任意に支払う分については問題なしとする制度で消費者金融やキャッシング会社は借り手側が自由意思で利息を払ってきたとしてきました。

しかし2005年1月最高裁の判例で、みなし弁済を認めないということで、事態が大きく変わりました。

この判例によって借り手側が任意でグレーゾーン金利を払っているといえるような場合がなくなり、借り手側、つまり私たちは消費者金融やキャッシング会社に対して「不当利益の返還請求」ができるようになりました。

過払い金の返還方法

過払い金の返還方法は、弁護士や司法書士を通して債務整理を行って請求すれば過払いの利息が戻ってくることがあります。

債務整理の方法は、3つの方法があります。

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

任意整理

利息制限法で定められた金利まで減額した残債を分割払いで返済していく方法です。

任意整理のメリットは、財産の処分が一切なく法定金利まで借金が減額されます。
デメリットは法定金利まで減額されますが、借金がなくなったり大幅に減額されることはほとんどありません。

民事再生

マイホームを所有している場合、手放すことなく住宅ローンを払い続けながら、そのほかの借金を減額する方法です。

民事再生のメリットは、住宅などの高価な財産を維持しながら、住宅ローン以外の借金を大幅に減額ができる点です。
デメリットは手続きにかかる時間と手間が多く、弁護士費用や裁判所への予納金が多少高額な点です。

自己破産

借金返済が困難であることを裁判所に認めてもらい、法的に借金をなくす方法です。

自己破産のメリットは借金が全てなくなる点です。
デメリットは原則20万円以上の財産は処分されます。また手続き期間中は弁護士などの士業や警備員など、ある一定の職業に就くことが制限されることがあります。

裁判所に自己破産を認可された後に得た収入や財産は自由にできます。

なぜ過払い金請求する人がまだ少ないのか?

借入の状況によって、3つの方法のいずれかを利用します。
しかし実際に過払い金の請求する人はまだまだ少ないのが現状です。

なぜ過払い金の請求を躊躇してしまうのか?
理由は2つあると思います。

理由1:ブラックリストに載ってしまうのではと思い踏み切れない

ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードやローンの審査が通りにくくなったりするので躊躇すると思います。

しかし完済している人が過払い金請求する場合は、ブラックリストに載りません。
最終完済日から10年以内に請求しないと過払い金がなくなってしまうので、1日でも早く請求することをおすすめします。

残債がある人はブラックリストに載る可能性はあります。
一見デメリットに感じるかもしれませんが、一概にもそうとも言い切れません。

なぜか?

ブラックリストに載ることで安易にお金を借りられないように自分を制御してしまった方が今の借金地獄から抜け出せると思います。

理由2:キャッシングを自分のお金のような感覚になってしまっている

多くの人は、数社の消費者金融やキャッシング会社から借入があります。

そして貸金業者から借入する際に包括契約を結んで利用しています。
包括契約とは借入限度額や毎月の支払額などの変更が借入期間中でも行える契約のことをいいます。

例えば、限度額が50万円で毎月返済はするけど、借入枠ができると、また借りられます。
なので何か困った時、ATMに行けばすぐに引き出せるので、自分のお金のように思えてしまいます。
私もそうでした。

過払い金を請求すると、その貸金業者のカードはもう使えなくなります。
目の前の生活のため、お金が必要な時に使えなくなるのは困るので過払い金があるのはわかっていながら踏み切れない人が多いと思います。

しかし借りて返すの自転車操業生活を一生続けますか?
どこかで断ち切らなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
今回は過払い金についてご紹介しました。

借金で悩んでいる方は過払い金請求でお金の悩みが解決できるかもしれません。

過払い金とは、キャッシング、カードローン会社に知らずに預けたお金です。

つまり、あなたのお金です。

預けたお金がなくなる前に1日でも早く返してもらいましょう。

Top